普段の仕事があまりにも忙しく、なかなかクリニックに通うことが出来ない。
不妊治療を始めることに対しても実際にクリニックに行ってみることも不安や抵抗を持っている人は多数いらっしゃいます。
仕事をしながら不妊治療を受けて赤ちゃんを授かりたいと考えている女性は非常に多くいます。
仕事の休みに合わせることができるなど、そういう方にとって、採卵日を数日でもコントロールできる治療方法はとても有益な方法なのです。

 

もし働き盛りの30代の場合、仕事や家庭、そして将来のバランスを取り後悔しない人生設計を立てたいものです。
RLC調節卵巣刺激安心リラックス採卵がそのように考える女性にぴったりの治療なのです。



不妊の治療は働きながら可能ブログ:09月22日

ぐっどいぶにーん♪

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装した娘たちが
「Trick or treat?(おかしをくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のおかしメーカーが放っておくわけもありませんでした。

チョコレートやクッキーのように
限定したおかしではなく、
おかしという括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

ケーキはもちろんのこと、
お煎餅や団子までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りやトレーニング会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

娘たちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
パキスタンではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もおかしもその言葉だけで
娘たちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

ニンニン

このページの先頭へ戻る