下肢静脈瘤というのは血管が膨らんでしまったり、痛み、体のだるさ、むくみ、かゆみ、こむら返りなどを誘発させることがあります。
このことから早期の治療をされることが大切で、日常生活に支障をきたすことの無いようにしましょう。
いわゆる下肢静脈瘤は良性の病気の一つですので、治療することなく放置しがちの方も多くいます。
早期発見、早期治療が重要であり、下腿色素沈着や潰瘍形成などといった重い症状に発展することもあるのです。

 

例えば両親が静脈瘤の場合には約90%、そして片親が静脈瘤ですと45%の割合で発症すると言われています。
長時間の立ち仕事をされている方、さらに妊娠、出産などホルモンバランスが崩れた時などにも多く見られます。



下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要ブログ:07月21日

ぼくには、一人甥っ子がいます。
最近、ぼくたちはとっても仲良しです。
3歳に満たない甥っ子と叔母の関係で、
仲・不仲を語るのもおかしな話かもしれませんが…

そもそも、ぼくは、お子さんが欲しいとか、
お子さんが好きということをあまり実感したことがありませんでした。

お姉さんが甥っ子を授かったとき、
日に日に大きくなっていく腹を見ながら、
未知との遭遇に戸惑っていました。

ぼくはまだお子さんを授かったことがありませんから、
妊婦のお姉さんに対してどう接していいか、
どうサポートしたらよいかも全く分からず、右往左往していました。

そういった意味では、
パパになった男性の心理に似たような感じだったのかもしれませんね。

甥っ子が生まれてからは、
どう接したらよいか分からないという戸惑いは生まれる前よりも更に増して、
遠巻きに眺めるといった感じでした。

そして、甥っ子が2歳半を過ぎたころ、
ようやくかわいさを感じる余裕がぼくにでき始めたのです。

昨日、甥っ子と2人でお留守番。
ぼくが遊んでいる甥っ子を横に本を読んでいると、
相手をしてくれないと拗ねる甥っ子…

最近では、
寂しさを感じて拗ねる姿すら、かわいくて仕方ありません。

「ごめんね」といいながら、気を取り直して、
仲良く遊んでいるところにお姉さんが帰ってきました。

「ビッグニュースよ、腹に赤ちゃんがいるって!しかも、2人!!」

それを聞いて、すごく嬉しくなりました。
生まれるのはまだまだ先だけど、居てもたってもいられず、
仲間にお知らせするぼく。

甥っ子のときは未知との遭遇に戸惑いが先行していたけれど、
今回はストレートに喜んでいるぼくがいました。


このページの先頭へ戻る