下肢静脈瘤というのは血管が膨らんでしまったり、痛み、体のだるさ、むくみ、かゆみ、こむら返りなどを誘発させることがあります。
このことから早期の治療をされることが大切で、日常生活に支障をきたすことの無いようにしましょう。
いわゆる下肢静脈瘤は良性の病気の一つですので、治療することなく放置しがちの方も多くいます。
早期発見、早期治療が重要であり、下腿色素沈着や潰瘍形成などといった重い症状に発展することもあるのです。

 

例えば両親が静脈瘤の場合には約90%、そして片親が静脈瘤ですと45%の割合で発症すると言われています。
長時間の立ち仕事をされている方、さらに妊娠、出産などホルモンバランスが崩れた時などにも多く見られます。



下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要ブログ:06月13日

わたしには
リウマチを二十才で発病した叔母がいる。

その叔母は親父の妹で、
わたしの記憶にある初対面の印象は、
親父が手を貸しながら車から降り、大きな瞳を細くし、
ゆっくりとおだやかに話す、キレイなお姉さんだった。

幼いわたしにとって、
キラキラした瞳で誰にでも優しく接する叔母は、
「見て見て、わたしのおばさんだよ」と
自慢してまわりたい素敵な存在だった。

だが、歩いて外出することは少なかった。
今思えば痛みのことなど理解できるのだが、
五才くらいのわたしにとっては「外に行くのが嫌いなんだ」と思い、
一緒にお買い物に行ったり、遊びに行って欲しかったが
あまり積極的には誘わなかった。

小学生になり、
わたしは学校の事などを叔母に語った。
わたしのたわいもない話に、
叔母は面倒臭そうな顔一つせず、逆に何十分も話の相手をしてくれた。

そんな叔母が大好きで、
一緒に外出したいと強く感じた時、
わたしは質問した。
「どうして外に行かないの?一緒にお買い物に行きたいな!」

すると、叔母は
「あしが痛くてね、長い時間立っていられないんだ、ごめんね…」
と言った。

わたしは「ごめんね」と言った叔母に
「しまった、悲しい気持ちにさせてしまった」と感じ、
さみしそうな表情をしていないかと思いながら、
叔母の顔をのぞくと…

叔母はいつものニコニコ顔で、話を続け、
「わたしのこの痛みはね、他の人が痛い思いをしないように、
神様がわたしだけにくれた痛みなんだよ。
あんたやあんたの弟や妹が
元気で痛い思いをしないで済むと思うと、
この痛みへっちゃらなんだよ。
だからあんたはわたしの分まで元気でいてね!」
と言った。

今から10年以上も前のやりとりだが、
わたしにはこの言葉が胸に刻まれている。

このページの先頭へ戻る