現在では非常に多くの人が審美歯科に関心を持っているものですが、見せかけの美しさだけを作るだけでは駄目なのです。
心も美しく人生を送ることが外見だけの美しさだけではなく歯が美しくなったら大切なのです。
世間的に注目をされている審美歯科というのは、従来の歯の治療である虫歯や歯周病などの治療に「美しさ」という視点を追加した新しい歯科治療のことを言います。
虫歯や抜歯といった一般的な歯科とは歯の美容を追求しているクリニックであるために異なっています。

 

審美歯科で提供をしている施術は歯を削らずに歯の色を白く綺麗にまた美しくするために2つの施術があります。
歯を白くするホワイトニング、歯垢を除去することの出来るクリーニングの2種類があります。



歯の美しさを求めている人に人気の審美歯科ブログ:05月24日

我が家には、今、
ボク達夫婦を虜にするものが2つあります。

まずは、奥さんのウエストにやってきた赤ちゃん。
少しずつウエストが大きくなってきました。

お風呂に入っている時と寝る前に、
奥さんのウエストをなでくりまわしながら
「起きてるの〜?」「今何してるの〜?」と
様子をうかがうのが連日の日課となっています。

そしてもう一つ、
ボク達夫婦を虜にしているのが、
ベランダで栽培しているトマト。

奥さんは緑が好きで、
前からベランダでハーブなどを育てていたのですが、
ボクは奥さんほど興味がなく、
「生えてるな」「咲いてるな」程度しか
気に留めることはありませんでした。

ところが、
初挑戦のトマトに、
ガッツリとハートを鷲掴みにされてしまったのです。

最初は、言われるままに土を耕して肥料を混ぜ、
そこに苗を植えただけで、特別な思い入れは
全くといっていいほど無かったのです。

ところが、そのトマトの苗が、
10時見た時と夕見た時で大きさが違うくらい、
それはもうグングン育っていくんですね。

そのうちに花をつけ、
小さな小さな実を付ける頃には…

10時起きたら「元気かな?」と様子を見に行き、
午後は「元気に育っているかな?」と思いを巡らせ、
よるには「こんなに大きくなったのかー!」と感激するほどに情が移り、
「トマ吉」という名前を付けるほどのかわいがりようです。

奥さんはボク以上の入れ込み様で、
少しでも時間があれば、目を細めてトマ吉を眺めています。
トマ吉だけでは寂しいだろうからと、レタスのレタ吉の栽培も始めました。

ボクのごはんを炊くのを忘れることはあっても、
トマ吉とレタ吉に水をやるのを忘れたことはありません。



このページの先頭へ戻る