歯の美しさを求めている人に人気の審美歯科ブログ:08月09日


ぐっどいぶにーん♪

減量をするためには筋肉をつける…
これはある意味鉄則といえます。

わたしたちの体の中で、
筋肉が最も消費するエネルギーの量が多い箇所だからです。

しかし、筋肉をつけることに誤解をしている人がいるんですよね。

体操をしていたら、
体重が落ちていないという誤解です。

体操をすると脂肪が落ち、
筋肉がつきます。
そもそも筋肉は、脂肪と比べると重さがあります。

ですから、筋肉がつくことによって、
体重自体が変化しないというケースが生まれてきます。

でも、筋肉は確実に増え、脂肪は少なくなりますから、
結果的には体脂肪は減少しているのです。

ですから、しばらく続けていくと、
引き締まったいい体を作り出すことができるはずです。

また、体操不足の人がいきなり体操をすると
筋肉痛を引き起こすことがあります。
筋肉痛になると、体がだるくなるような感じがしませんか?

筋肉痛になると、体に大量の疲労物質が分泌されます。
疲労物質には、
水分の代謝を悪化させるという性質があることがわかっています。

このため、水分が排出されることなく、筋肉にたまっていきます。
一種のむくみのような症状が起きるのです。

水分が筋肉にたまると、どうしても全体的に重みが増します。
この重みが体のなんともいえないだるさを感じる元になるのです。

しかし体操する習慣をつけることによって、
疲労物質の分泌が少なくなり、
筋肉痛を起こすこともなくなっていきます。

ですから、筋肉痛で挫折をせずに、
もうひとふんばりすることが、
減量成功につながるんですよね。

え?もう時間だ。仕事行ってきます〜
中古マンション 買取りの案内
https://www.renups.jp/fudosan-kaitori-colum/

高田馬場 賃貸
https://www.townhousing.co.jp/shop/takadanobaba/

スマートハウス
http://www.nichiei-group.co.jp/construction/

熊本 注文住宅
http://www.ai-wood.net/

キッチンクリーニング
http://www.k-kg.jp/kitchin/